父親を自宅とともに失い、宮城県仙台市宮城野区の田畑は、すべて海水に漬かってしまった。一瞬で多くを失った瀬戸誠一さん(64歳)だが、生来の負けん気から「このままでは終われない」と再起を模索した。避難所生活の中、植物工場による農業復興を支援する会社があるという話を耳にする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。