2015年の都市対抗で、日本生命と延長14回に及ぶ死闘を繰り広げて準優勝した大阪ガスは、昨年は一転して予選敗退。だが、橋口博一が今季から監督に就くと、機動力を駆使した攻撃で近畿二次予選を勝ち抜き、第二代表として東京ドームへの切符を手にする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。