来年4月のインドネシア国政選挙へ向けて、戦いの火ぶたが切られた。5年に1度の大統領選と議会選が、2019年からは初めて同日選挙となる。注目の大統領選は8月10日に立候補登録が締め切られ、現職のジョコ・ウィドド大統領と最大野党党首のプラボウォ・スビアント氏による一騎打ちが確定。14年の前回大統領選で熾烈な争いを演じた同じ顔触れだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。