読売新聞グループ本社の代表取締役主筆として長年、経営と論説を一体運営してきた渡邉恒雄氏(92歳。写真)が、8月半ばに頸椎の一部骨折で病院に搬送された。幸い命に別条はなかったが、高齢であることもあり、グループ内では権力移譲の「Xデー」があらためて意識されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。