サッカー解説者、戸田和幸をご存じだろうか。2002年日韓共催W杯で中田英寿や稲本潤一と一緒に戦ったあのモヒカンの日本代表選手。多くの人がそう記憶しているはずだ。英国プレミアリーグに渡り、シンガポールのチームでもプレーし、13年に静かにユニホームを脱いだ。若い世代の台頭もあって、晩年の彼の動向はその奇抜な髪形ほど目立つものではなかった。そんな戸田が今、一躍注目を集めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。