8月にブラジル・リオデジャネイロで開催された国際数学者会議(ICM)で、京都大学名誉教授の柏原正樹博士がチャーン賞を受賞した。4年に1度開かれるICMは、数学の研究者たちにとって最も重要なイベントの一つ。国際数学連合が授与する数学界で最高に名誉な賞の受賞者の発表と、記念講演が目玉である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。