夏場に入って「爆雷」(金融機関の破綻などによる金融不安)という言葉が中国の経済・金融誌をにぎわせている。足元、P2P(Peer to Peer、貸し手と借り手をネットで結び付けるネット金融)の閉鎖加速や、債券のデフォルト(債務不履行)の増加などから、これらが経済をかく乱しないかと懸念されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。