日本石油時代の1950年に創部すると、67年に都市対抗で5回目の優勝。最多優勝を更新し、社会人野球をけん引する存在となる。その土台となったのは、専用グラウンドや寮など、プロ球団にもないような恵まれた環境。藤田元司(元・巨人監督)、佐々木吉郎、平松政次(共に元・大洋)らをプロに送り出し、野球は社内で「社技」と呼ばれるようになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。