大矢孝酒造が立つ愛川町は、神奈川県といっても山間の自然豊かな田舎町。「最寄り駅は14km離れた本厚木駅でバスは1時間に1本」と、8代目蔵元の大矢俊介さん。なぜこの地で酒造りを? 不思議に思って尋ねると、祖先は武士。戦国時代の最大の山岳戦、武田信玄と北条氏康が戦った三増峠の戦いで、北条方の騎馬隊長として出陣。戦後、戦場近くに住んだという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。