ゴルフクラブを握る、いわゆる「グリップする」という作業はとても重要で、ショットの成否だけでなく、上達の速度にも大きな影響を与えます。なぜなら、グリップは体とクラブをつなぐ唯一の接点であり、その握り方や強さによって、スウィングそのものが大きく変化するからです。「練習してもうまくならない」という人は、もう一度グリップを見直してみましょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。