中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)と川崎重工業との合弁造船所「南通中遠川崎船舶工程」(南通コスコ海運川崎)の溶接作業場の中では、幾つかの機械が「独自」に鋼板切断作業を行っている。熱気で溢れる伝統的な作業場もあるが、そこで働いている労働者は数人しか見掛けない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。