貿易収支の指標にはいくつかのものがある。普通はどれで見ても大体の傾向は同じなのだが、2009年以降は、どれを見るかで数字の傾向はかなり異なる。その違いは、状況の認識や、必要とされる対策の評価に影響を与える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。