2018年11月5日から10日までの6日間、中国・上海で「第1回中国国際輸入博覧会」が開かれる。昨年5月に行われた、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の国際協力サミットフォーラムにおいて、習近平国家主席が開催を発表したもので、中国政府にとっては、貿易自由化の推進、積極的な市場開放の姿勢をアピールする場となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。