「金の枕」と呼ばれるタイのドリアン、パキスタンの生シェル付き松の実、南アフリカ共和国のワインの街ステレンボッシュのカベルネ・ソーヴィニヨン、アルゼンチンの牛肉、カザフスタンのオーガニック小麦、エジプト綿のバスタオル……これらの国の特色のある製品は、すでに何億もの中国人の消費を喚起し、味覚を豊かにし、より質の高い生活を追求するための新たな目標になっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。