政治は生身の人間が織り成す営みである。それ故に「病と死」はいつも背中合わせにある。過去に何度もキーマンの「病と死」が政治の流れを大きく変えてきた。近年の例でも大平正芳、小渕恵三という2人の現職首相の「病と死」によって政治状況が激変した。首相の安倍晋三(63)も第1次政権では病気で退陣している。そして今また沖縄県知事、翁長雄志(67)の急逝が政治を揺さぶる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。