ゴルフのアドレスというのは人ぞれぞれで、前傾角度には個人差があります。もちろんクラブの長さによっても異なり、シャフトが長く、ボールから離れて立つドライバーはその角度が浅くなり、シャフトが短く、ボールの近くに立つウエッジは深くなるのが自然です。また、クラブの握り方や手の位置などによっても変化するため、唯一の正解はありません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。