「米国は全世界に対して、そして自らに対して宣戦布告をした。これは単独行動主義と多国間主義、保護主義と自由貿易、強権と規則の間の戦いである」7月11日、米国政府が中国からの2000億ドル相当の輸入品に対して10%の追加課税を行う用意があることを発表したのを受けて、中国外交部の華春瑩報道官が定例記者会見にてこうコメントした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。