魏志倭人伝に「日本人は酒を好む」と記されるほど卑弥呼の時代から続く酒の歴史。酒は各地で自然発祥したとされるが、島根と奈良、兵庫がそれぞれの理由で発祥の地を名乗る。「生産量を増やし、遠地への流通を可能にしたのが奈良の菩提山正暦寺(ぼだいせんしょうりゃくじ)」と、油長酒造13代目蔵元の山本嘉彦さん。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。