エリートの代名詞だった銀行員の社会的地位の凋落が止まらない。特にこの1年で底が抜けてしまった。ただ、時代に取り残される「旧型金融エリート」が仕事剥奪の危機に陥る一方、新時代の寵児である「新型金融エリート」も台頭してきた。銀行が直面している“産業革命”が新旧格差を生み出し、残酷なコントラストを描いている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。