横浜銀行は(旧大蔵省出身の頭取の下で)不良債権処理や持ち合い株式の解消にかなり早く着手しました。「何十年もかけて築いたお客さんとの大事な関係を壊す」「将来、禍根を残す」「川村君、何でも言われた通りにやっていたら駄目だ」といった言葉を、当時は耳元でささやかれました。ですが、あのとき取り組んでいなかったら、横浜銀行はつぶれていましたね。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。