メガバンクが相次いで業務量削減を打ち出し、就職活動生の「銀行離れ」が深刻化している。地方銀行が採用難に苦しむ一方、メガは“異分子”と呼べる新たな学生の獲得に乗り出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。