ダイハツ工業のチーフエンジニア(開発責任者)として、主に派生車の開発に数多く携わってきたその経歴から「何でも屋」を自任する。「タント」から派生した「タントエグゼ」(2009年発売)、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載した新型「ムーヴ」(12年発売)。ダイハツが誇るヒット車に新たな価値を加え、次々と市場に送り出してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。