「東日本大震災、阪神淡路大震災、それに次ぐ平成の時代に入っての大災害という認識が必要だ」公明党の前代表、太田昭宏は西日本豪雨についてこう語る。太田は京都大学工学部土木工学科を卒業した防災の専門家でもある。今回の豪雨で頻繁に登場した「特別警報」も太田が国土交通相時代に法制化、2013年から運用が開始された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。