グーグル、マイクロソフト、アマゾン、インテル、エヌビディア──。医療業界に変革をもたらすニューカマーとして期待を集めているのが、米国を代表するITの巨人たちだ。背景にあるのは、医療に関係するデータが膨れ上がっていることだ。医療機器が撮影する画像の枚数や容量は増加の一途をたどり、患者が身に着けた端末からリアルタイムでデータ収集できるようになった。計算資源を提供するクラウドサービスや高性能な半導体など、膨大なデータの処理に自信を持つ巨人たちは、自身の強みを生かした新たな医療サービスを創出することで、医療業界を揺るがす一大勢力となっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。