「青天のへきれきだった」。4月に日本航空(JAL)の社長に就任した赤坂祐二は年初、当時の社長で現会長の植木義晴からトップ交代を告げられたときの衝撃をこう語る。入社以来、整備部門一筋で勤務地はずっと空港。本社勤務も経営の経験もない自分に社長が務まるのだろうかと「そうとう困惑した」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。