2003年に新幹線の品川駅を開業した際には、ひかりやこだまも含めて、すべての車両が時速270キロメートルで走行できるよう車両を大量投入して入れ替えた。これにより、輸送量が一気に拡大し、開業時の1.4倍になった。だが、東京オリンピックの年でもある64年に開業した東海道新幹線は、まもなく50歳になる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。