著者は「現在の延長線上ではAI(人工知能)のシンギュラリティは来ない」と考える一派の論客で、ロボットに東京大学の入学試験問題に挑戦させる「東ロボくん」プロジェクトのリーダーを務める。シンギュラリティとは、AIが人間を上回る技術的な転換点を指す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。