なるべくリスクは避けたい。そう考えて定年後再雇用制度を利用する人は多いだろう。厚生年金の受給年齢の引き下げと、それに伴う高年齢者雇用安定法の改正をきっかけに、ほとんどの企業が60歳の定年以降、1年ごとに契約を更新する再雇用制度を導入した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。