親が亡くなり、相続の手続きで大変な思いをしたという話をよく聞く。子どもがいない場合は、その相続権はおいやめいにまで及び、その確認のために戸籍謄本を取り寄せなければならない。特に、親族が複数の本籍地に散在している場合、戸籍謄本を収集するだけでも大変な作業だ。全国の市区町村で管理する戸籍を一元化し、一覧で確認できればどんなにか便利だろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。