私が今までに飲んだコーヒーの最高峰は、「珈琲美美(びみ)」のモカの一杯である。ご主人の森光宗男さんが「滴一滴」心を静めて淹れてくださったモカは、琥珀色が澄み渡り、味わいは深遠で、余韻が静かにどこまでも長く続くのだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。