「中国青年報」の記者を経て、日本に留学していた妻の誘いで来日したのは1991年8月のこと。今から27年前、33歳のときです。当時の中国の経済状態は良くありませんでしたし、日本との格差も大きかった。日本の物価は高いため、布団や米、鍋などを抱え、服をたくさん着込んできました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。