厚生労働省の調査によると成人の約420万人、中高生の約52万人にネット依存の疑いがある。『心と体を蝕む「ネット依存」から子どもたちをどう守るのか』は、ネット依存治療を2011年7月から行っている国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長が監修している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。