奈良の大仏殿の近く、鹿がのどかに草を食む公園の奥に、実は国際会議場がある。能舞台を備えたこの奈良春日野国際フォーラムで5月下旬、「国際発生神経科学学会」が開催され、世界各国から400人を超える研究者が集まった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。