事業がたいした成果を生まない中、その非難の矛先は市から大きな金額の委託を受けていたことが報じられた僕らに向けられていた。事前の期待が大きかっただけに、道の駅の開発自体も箱物行政ではないかと議会で批判が高まってきていた。それまで「民間主導で頑張ってきた地元チーム」だった僕たちはいつの間にか「行政に群がる悪徳コンサル一味」のような扱いを受けるようになってしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。