『人口減少と鉄道』の著者は、JR九州(九州旅客鉄道)の初代社長である。国鉄時代からJRへと移り変わった半世紀にわたる歴史を、自己の人生にだぶらせながら仕事や体験を基に振り返りつつ、鉄道経営とはいかなるものかを熱く語っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。