『学ぶ脳』は人間の脳活動をネットワーク同士のつながりや揺らぎとして捉え、「基本系」「執行系」といった特徴的な各ネットワークの連携、特に「ぼんやり」しているときの働きが気付きや創造に生かされていることを説く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。