「真実を明らかにすることが償いの第一歩です」。まだ少年の面影が残る丸刈り頭の日本大学アメリカンフットボール部の選手がとつとつと語る言葉には説得力があった。関西学院大学との試合で悪質タックルという反則行為への謝罪と真実を語るためにあえて実名で記者会見を行った日大選手。5月23日午後、日本記者クラブの会見場はこの選手の言葉に支配されていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。