「2018年度第1四半期ボーナス手数料等のご案内」──。今年4月、そう記された1通の営業用資料に業界が一時騒然となった。作成したのは、住友生命保険の完全子会社、メディケア生命保険。問題となったのは「ボーナス」の4文字だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。