消費増税を行いやすい環境を整えるため、政府は増税前の駆け込み需要と直後の反動減を和らげる対策について検討に入った。報道によると、消費増税が行われる2019年10月以降、住宅や自動車の購入者に減税を実施することや、事業者が増税後、一斉に値上げしないように、価格転嫁を柔軟にすることなどが検討されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。