気が付けば野球祭りのような3冊になってしまった。それもこれもこの人の活躍に影響されてのことだろう。『大谷翔平の素顔』は、いま読むのにぴったりの本だ。彼は何者なのか? どうして二刀流にこだわるのか? なぜメジャーリーグに挑戦するのか? 副題の「道ひらく、海わたる」の言葉通り、彼は誰もやっていないことに挑むことを最高の喜びにできる価値観とメンタリティーを持つ。論理的で強い目的意識を持ちながらも、メジャー挑戦への決断は、「やってみたいと思ったから」と極めて感覚的で身体的なところが興味深い。しかし、だからこそ彼の信念はブレないのだろう。著者は、両親をはじめ高校の佐々木監督、日本ハムの栗山監督や大渕スカウト等、大谷を知る人たちを丹念に取材している。各氏の評は、紛れもなく「時代を担う存在」で一致する。誰からも愛される素顔がそこにある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。