2013年に東京証券取引所と旧大阪証券取引所が合併して誕生した日本取引所グループ(JPX)。合併から2年後、清田瞭CEO(73歳。写真)が前任の斉藤惇氏(現日本野球機構会長)からバトンを引き継いで、もうすぐ丸3年がたつ。現行の中期経営計画を終えて一区切りがつく来年にも、清田氏が後任に道を譲るのではとの観測が浮上している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。