宅配業界は一部で違法残業が常態化しているといいますが、過酷な労働条件を課す企業は遅かれ早かれ、行き詰まるに決まっています。ヤマトが総量規制をした荷物は、誰かが引き受けないといけない。ネット通販の台頭で荷物が急増する一方、人手不足は解消されない。荷主と宅配業者、消費者がそれぞれ、「自分さえ良ければいい」という考えを変えていかないと、本当に荷物は運べなくなります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。