日本の物流がパンク寸前に陥った原因は、人手不足だけにあるわけではない。荷物の出し手から受け手に届くまでの物流網には、幾つものボトルネックが潜んでいるからだ。大まかに言えば、6人の真犯人がいる。中でも、宅配会社が担当する「ラストワンマイル(配送拠点から玄関先)」と呼ばれる物流の軋みが深刻になっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。