予防接種を打たせない、または否定する反ワクチン運動は、社会の病を何重にも示している。まず、科学対反科学。この世で人類が手にすることのできる最も確実な知識が、科学的知識である。私たちの健康がそこに基礎を置くのは当然だ。だが、複雑で高度な科学に基づく技術が現代社会で占める位置は、未開社会での呪術に近い。中身のよく分からない科学技術に、人は不安を感じやすい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。