久しぶりに深センに行ってきた。珠江デルタ地域の景気実態を調査するのが目的であったが、香港返還の記念日(7月1日)と重なったためか、訪問先での議論はもっぱら香港に関するもの。表向きは香港返還15周年の祝賀ムード一色であったが、実際には、中国は香港の現状をかなり深刻に受け止めているようだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。