首相の安倍晋三が描いていた大型連休明けの政権運営のシナリオに狂いが生じているのではないか。5月9日の日中韓3国首脳会談で「外交の安倍」をアピールし、その上で9月に予定される自民党総裁選での3選実現のための足場を固める──。しかし、現実は逆回り、空回りの連続といっていい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。