大学病院の多くは、いまなお年功序列的な人事制度を取っている。報酬額は卒業後の年数でほぼ決まり、高齢になるほど高額だ。基本的には降格、減給、解雇がない。しかし、医師の能力は均一ではない。仕事はすご腕医師に集中し、誰もが認めるヤブ医者は定時に帰宅できる。その結果、実質的な時給を計算すると「ヤブほど高時給」という現象が発生しやすい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。