NHKスペシャル取材班『睡眠負債』は、睡眠不足がはらむ危険に警鐘を鳴らす好著だ。日本人の睡眠時間が短い理由について、〈基本は日本が農耕文化であることが影響していると思います。農業においてはたくさん働けば雑草が少なくなり、作物も多く採れるという考えがあります。欧米は狩猟文化ですから、頭がよく働いていないと獲物が獲れませんし、そのためには休養が必要です。農耕文化ではそれほど神経を研ぎ澄ませなくてもよいという違いがあります。/農耕文化の国では概して睡眠時間が短めです。それと儒教の影響もあると思います。「蛍の光、窓の雪」ではありませんが、長時間起きて努力を重ねて自分を磨くことが大事といったような部分が、睡眠時間を削る方向に働いているのではないでしょうか〉と解説する。説得力がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。