1665年、英国のロバート・フックは、自ら開発した顕微鏡で見いだしたコルク片の微小な区画に「cell」という呼び名を与えた。もともと「独房」を意味する英単語に新しい概念が与えられたのだが、「細胞」という訳語を生み出したのは宇田川榕庵という日本人である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。