原因から結果への因果関係が分かっているとき、観測された結果から原因を推測することができる。本連載第901回では、一つの原因が一つの結果をもたらす場合をベイズの定理で考えた。もちろん、実際の現象はもっと複雑だ。複数の原因と結果があり、因果関係は単純な一対一ではない。こうした問題を扱うのに、ベイジアンネットワークという手法が使われる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。